Home

男の願望
ペニス増強に
迫る

Menu

ペニスの構造について

なぜ増強なのか?

サイズチャート

ペニス増強の歴史

どのように増強するのか?

やってはいけない方法

準備

エキスサイズ

デイリーワークアウト

その他の情報

よくある質問

サプリメント

まとめ

Home

Contactus


Lovewing

広告募集

 

Home

広告募集
広告主様募集中です!

Lovewing
ペニス増強サプリメント他、海外の色んなサプリメントがたくさん。

広告募集
広告主様募集中です!


やってはいけない方法


多分ご存知の方もいると思いますが、ペニス増強のプロセスには大変危険なものが含まれています。ここに手術と吸引法などによる増強のいくつかの事実を紹介致します。

手術

ペニス増強手術で失敗(CBSニュース)
1998年10月31日

出血、膿、感染、垂れ下がり、曲がり、瘢痕化、変形、痛み、そしてそれらの全て、これが事実なのです。多くの男性がもとの状態に戻すのに再手術を行わないと行けないというのが実態です。不幸にして25,000人ものアメリカ人男性が手術によるペニス増長後の再手術を受けています。これにはペニスの上部と恥骨部分をつなぐ靭帯の損傷も含みます。ペニスの半分から3分の1が体の中に埋もれていることを考えると、靭帯を少し緩めて器官を体の外に出すことが出来ます。こうすることによって勃起していない状態での見た目の長さをよくすることが出来ます。結果はその人の体のタイプによって様々ですが、広告では5cm長くなるといっています。それによると勃起していない状態で2.5cm以上は間違いないとなっています。 不幸にも術後の瘢痕化によってペニスは縮んで手術前よりも小さくなることがあります。

昨今、女性の形成によるバスト増大は一般的になっていますが、残念ながら男性のペニス増大手術は完全にはなっていません。その技術が向上していることは認めますが、一般に言われているほど確立されていないのが実態のようです。更に、そのペニス増大手術に必要とされる費用は50万円から85万円で、ただの1回のプロセスで終わってしまいます。提靭帯をカットすることでペニスは長く見えるようになります。 しかし、これは見た目を長くしているだけで、実際にペニスが増強されたわけではありません。 それは性交の間、ペニスを不安定にさせて障害を起こしやすくしてしまいます。また、手術は永遠に傷を残し、勃起の角度も悪くしてしまいます。 他のペニス増大の手術として体の他の部分の脂肪をペニスの周りに移植する方法があります。 この方法は太いペニスを作り出しますが、その状態を保つことは出来ません。その影響は傷やこぶ、変形などを引き起こしもっとひどいことになる可能性があります。

増大手術失敗(CBSニュース)
1998年10月31日

長さは問題ありませんか?これはペニスの周囲を2.5cmから5cmほど大きくしてペニスを太くする手術です。この手術は自分のお尻や脚から取った脂肪、或いはドナーによる脂肪をペニスに注入することで行われます。注入された脂肪は固定されることなくペニスの周りを動きまわります。これは偏りや変形となってしまいます。しかも、注入された脂肪は1年ほどしか留まることができません。 ロスアンジェルスのCedars-Sinaiメディカルセンター泌尿器科のDudley Seth Danoff医師はこれはひどい詐欺師のようなものだと言っています。 彼が見せてくれたのはこの手術によってひどい傷をおったり、こぶが出来たり、根瘤や脂肪塊が出来た患者を治療した多くの泌尿器科医や外科医から報告された医学書でした。そのうち何人かの患者は勃起不全さえ起こしている状態でした。

吸引法
まず、吸引法の基本的機能からご紹介しましょう。チューブをペニスの上にかぶせてポンプを使って真空状態にします。インスタント巨根の出来上がりです。とてもよさそうですか?そうではありませんね。実際は、吸引法は通常効果がありません。 もし毎日続けたとしても2.5cm大きくするのに4年はかかってしまいます。これらのペニス吸引器具は圧力で緊張を与えることで、ペニスをありとあらゆる方向に膨張させます。 しかし、長年の愛用者によればこの吸引法には下記のような弱点があるということです。

*努力の割に結果が現れない
*一時的にインポテンツになる危険性
*痛みのあるリンパ腺の腫れの危険性
*激しい痛み
*痛んだ毛細血管からの出血


もし、お金とリスクをかけてこの方法を取るのならそれはひとつの選択です。しかしながら、望むような効果が出てくるのに4-5年は待たないといけないでしょう。

ウエイト
ペニスに重りをつけてぶら下げる方法は昔からたくさんあります。セオリーはペニスを引き伸ばして太くするということです。この方法は初期のサムライやインド文明、アフリカの部族などで用いられてきました。ひとつの古い方法はペニスの先端に紐を巻きつけて、もう一方の紐の先に重い石をぶら下げてペニスを伸ばすというものです。もちろんその方法でうまくいくかもしれません。しかし、その方法では背神経への強い圧力の為にインポテンツになってしまう可能性があります。最悪の場合、ペニスの血管を傷つけ感染症や血管切断をおこしてしまうことがあります。ウェイトを使う方法はある程度の成果を見ることが出来るかもしれませんが、正しい使い方をよく理解していなければいけません。靭帯を引き伸ばしたり縮めたりして靭帯を鍛える結果になり全体の長さが縮まる可能性もあり、それは望まない結果となってしまうことがあります。

ストレッチャー
ウェイトと同じようにストレッチャーでもある程度の効果を見ることは出来ます。しかし、取扱いには最大の注意と知識が必要です。数ヶ月におよぶ毎日のストレッチャーの仕様で平常時で僅かな効果を見ることが出来ますが、勃起状態では逆に短くなり、また細くなります。いくつかの商品はよく売れているようですが、未だ十分な効果があったという人を聞いたことがありません。また、亀頭への血流が長く遮断されることから壊疽になってしまう可能性があります。ペニスが勃起していない状態での靭帯は伸びたままですが、本当の意味での増強では、平常時であろうと勃起した時であろうといつも以前より大きくなることが必要なわけです。

クリーム
最近、インターネットでクリームでペニスを増強する商品があふれてきました。塗るだけでペニスの長さが5cmから7.5cm増大するというものです。我々も試してみましたが、それはひどいものでした。もし、そんなものにお金を使うのなら窓からそのお金をばらまいたほうがましです。

マグネット
ペニス増強の本末転倒の方法がまだあります。これを紹介しているサイトによると血液の中の鉄分が磁石にひきつけられる引力でペニスが引っ張られて大きくなるということです。残念ながら血液の鉄分は磁石にひきよせられません!考え方としてはおもしろいのですが・・・

 

Home     Back     Next   contactus

Copy rights P-Enlargement All rights reserved.